雛人形でお祝いしよう|伝統的なアイテムをプレゼント

桃の節句に必要なもの

雛祭り

子供の幸せを願い

日本には古くから3月3日は女の子の桃の節句として、子供の健やかな成長や幸せを願い、雛人形を飾ったりちらし寿司や蛤のお吸い物を食べひな祭りを行います。現在のような雛人形の形になったのは江戸時代頃といわれており、今なお、3月3日が近づくと雛人形を飾る家庭が多くあります。以前は、段飾りの雛人形が多くありましたが、核家族化が進んだことや飾るスペースがないことなどにより親王飾りが好まれています。親王飾りとは、お殿様とお姫様の2つの人形がペアになっているもので、賃貸でも飾りやすいことやしまう際も場所をとらないので人気があります。とはいっても、雛人形は代々受け継ぐことができるものなので価格は安いものではなく、孫のために購入する人も多くいます。

購入する時期に気をつけて

子供のために購入した雛人形を孫が譲り受けることもありますが、以前とは雛人形の流行も変わってきています。以前は飾りや人形の数が多くて豪華なものが好まれましたが、最近はインテリアにも合うシンプルなものが好まれます。それ故、木目調やパステルカラーを基調とした雛人形など、種類が豊富となってきています。プレゼントとして購入する場合は、事前に贈る相手と一緒に見にいってどのような雛人形がいいかやサイズなどを確認するとよいです。また、安くなるんじゃないかとギリギリに購入しようとする人がいますが、タイミングが遅いと品切れの場合もあります。購入する予定がある人は、種類が豊富に揃っている1月頃の購入がよいでしょう。

Copyright © 2016 雛人形でお祝いしよう|伝統的なアイテムをプレゼント All Rights Reserved.